スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人をあれこれ言う前に 

何なの、一体。











私はその日出れないって、3ヶ月も前から言っただろ。
それを人伝に昨日言われたって、今更キャンセル出来るわけがない。
キャンセル料1万5千円払ってくれるわけ?



「その程度」って何?
何でそんな風に言われなきゃいけないわけ?
「思いやりがない」って、決め付けられたその言葉が、思いやり?
「グランプリ取れなきゃ取れないでもいい」とか、笑わせんな。
一番固執してんのは誰だよ。



ものの5分程度で、訳も分からず責められました。
最終的に、「まぁもういいよ」と言われました。
は?何言ってんだ、コイツ?としか思えませんでした。

3年生が積極的に動いてくれるのは、動けるのがテスト科目の少ない3年生しか居ないからなんです。
自分が勝手にカリキュラム外のテスト(15回授業または14回授業+1回試験のところ、15回授業が終わっていたにも関わらず、テスト開始10日前に突然「テストをする」と言い出した)をして、2年生の負担を増やしたにも関わらず。
その状態で2年生に全てを任せるような人間なら、最初からプロジェクトに参加してないっての。

そもそもこの時期に急に予定を入れたのも奴です。
もっと前から決められるであろうことを、平気で10日前に言い出す、典型的な思いつき行動人間ですね。

そんな奴に「思いやり」とか「計画性」について言われたって、言われる意味が分かりません。
「鏡見て言えよ」という感じです。



どうして頑張った人に「頑張ったね」、「お疲れ様」と言えないんですかね?
自分の方が頑張ってるって?
そうやって「自分はこんなに大変なんだ」ってヒロインぶって楽しいですか?

そりゃ、リーダーの子の肺に、穴が空いて当然だって。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。