スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

偶には政治の話でも 

今日は話題が豊富です。

民主党の代表が決まりましたね。
「菅さんが勝った」というより、「小沢さんが嫌だから、菅さんにならざるを得なかった」と思うのですが、どうでしょうか?

選挙自体、…こういう言い方は悪いとは思いますが、行ったってムダに近いんです。
だって、誰にも投票したくないから。
結局、上の方で都合のいい代表を決めるわけですから。
その結果がここ何年かの、日本も外国も呆れるものなんじゃないんですか?


今回のを見ていて、私には分からなかったことが2つ。
1つ目は、小沢さんが代表選挙に出てきた理由です。
「え、金問題は?いつ解決したの?全部説明してよ」
と思っています。
現在進行形で。
何の説明もなく、よくもまぁ出てこれたなぁ…
というか、金に怪しい人間に、国という大きなものを…国全ての金を任せても大丈夫だと、国民が思っていると思ってるのかな?
すごいな、それww(^ω^)
こんな顔しか出来ません(^ω^)


2つ目は、小沢さんの支援者が、みんなして「小沢先生」と言っていることです。
「え、党内の関係だよね?何の宗教?お金貰ったの?気持ち悪い」
と、真っ先に思ってしまいました。
私は無宗教の人間で、宗教は個人の思想ですから、アレコレ言う気はないのですが…
あまりにも違和感が強かったので書きました。

覚えるのが大変なので、首相が変わるのは止めてほしいです。
他に理由はありませんよ。
期待していませんので。



最後に小話を。
「白羽の矢が立つ」の語源は、「人身御供の犠牲者になる」です。
大抜擢なんてプラスな意味はなかったんですね。
まぁ「犠牲者」はあながち間違いではないのかもしれませんがね…

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。