スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前編 

昨日から今日にかけての鍋パーティーについて、報告をば。
長くなるので分けました。
この一番新しい記事が前編です。
この下の古い記事は後編です
最初は携帯に(仮)として打ち始めた時間を使っているので、こんな時間です。
携帯に打っておいた内容を書いて、その後いろいろ思い出しながら書きますね。
ご了承ください。


********************
おはようございます。
ただいま6時半です。
…、普通に学校に行く(洗濯+お弁当を作る時間を含めて起きる)時間より早いのですが…。

哉戍が何となく無防備で新鮮です(・∀・)←
いや、哉戍は(お泊り会では)寝ているところを見たことがないんですよ。

結局、哉戍、蒼、私が寝たのは午前4時半すぎでした。
22時半~23時にかけて、蒼の部屋のロフトに上がったギン、アヤ、Mの声がしなくなり、静かになったなぁ。と思ったら寝てました。
まぁ、ギンはバイトがあるみたいですしね。

で。
寝方がまた凄かったです。
奥からM・ギン・アヤの順に、蒼のいつも使っている布団で寝ているんです。
川の字です。
下(床)では、蒼・私・哉戍の順に。
これまた川の字で。
しかも下の3人は、みんな左側に1個ピアスを開けたので3人とも右向きで寝ていたという…(笑
私達は大きな毛布1枚を3人で掛けて暖を取ってました。
大家族気分です(∀`*)
ちょっと寒かったし痛かった気もしますが、蒼は1人暮らしですからね。
よくこれだけの人数が泊まれたもんだと、そっちに驚きです。
…、が。
私が激しく寝がえりをうっていたようで、哉戍を毛布から追い出していたようです…(滝汗
ご、ごめん…!!!

********************



さて。
いろいろ思い出してみましょうか。

アヤが6限まであったので、私がお出迎え。
それまでの時間で、蒼はピアスホールを、とりあえず左に形成。
私も便乗してもう1つ開けようと、ピアッサーを握って。
ガチャン!
お、いった?(゚ω゚)
ポロ
え?(^^;)
開いてない…!!∑(´Д`;)

哉戍に元に戻して貰い、もう1度…消毒してからチャレンジすることになりました(涙
でも蒼の家に消毒液がないらしいですので、私の家まで取りに行くことに。
まぁ、どうせアヤを学校に迎えに行くついでですので。
あ、ちなみに言っておきますけど、普通のピアッサーは使い捨てですからね?
よい子はマネしちゃダメですよ?←

下の記事にもある通り、まず忘れられない出来事となったのはMのあの幼児化です(笑
多分何があっても忘れません。
…いや、まず乾杯からして何か可笑しかった気が。
「えっと~、うちらの~…何?」
「仲良く…、何?」
「え?」
「なんて言えばいい?」
そんな状態でした。
そんなに悩まんくとも…素直に乾杯すりゃあええやん(笑
、これからも仲良くしてください。
そんな訳で鍋を開ければ。
私以外の5人が一斉に、立て膝状態で鍋に箸を伸ばす。
ちょっ、早いって!∑(゚д゚;)
そんなわけで出遅れた私は、大人しく座ってました。
そしたら哉戍が取り分けてくれました。
ママン…!!!(・▽・`*)←
「あ、これ肉固まって(入って)んじゃ~ん」
そう言いながら、その肉は私の取り皿へ入れられました。
え、い、いいのかい?((゜Д゜≡゜Д゜))

そして食べながら5人は酒を、私はなっちゃんを飲みまして、Mの暴走が始まります。
とてもMとは思えませんでした。
蒼が一瞬にして黒くなるくらいのレベルでした(どんなんだ
ギンや哉戍が流してかなきゃやっていけないレベルでした(どんn―(略
「あのね~、○○がね~、△△らったの~(アハハ~/笑」
「らった」=「だった」です。
呂律が回っていなかったんです。
そんな彼女がふとトイレに立ちあがりました。
「トイレ行ってくる~」
「あ~、行ってらっしゃい」
帰ってきたMの口調が。
元(素面状態)に戻ってるΣ( ̄□ ̄)
な、なんで!?(゚゚;;;;)ガタガタブルブル
まぁ、落ち着けるのでそれはそれでいい、ということで解決です。

教訓。
Mに酒は飲ませるな。
もしも飲ませてしまった場合は、即刻トイレに行かせること。




後編(1つ古い記事)へ。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。