スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私は酷い奴ですよ。 

基本は知らんぷり。
興味ないから、泣こうが喚こうが痛がろうが、一切無視。
別にどうでもいい。
関係ないから。
ただし害を加えてくるのなら、それでも一度は警告してあげる。
二度と近くに来ないでね。
懲りずに来たら、一発で確実に苦痛を与えて、殺してやる。




こんな人間ですよ、私って。
非道な人間です。
自分と大事な人と、それ以外。
それ以外の人に、何の感情を持てと言うんでしょう?
「好き」
「嫌い」
「どうでもいい」
やっぱり「どうでもいい」が一番適している気がします。
仲良くない人に「好き」も、「嫌い」も当てはまらないでしょう?
でも。
人間関係において、好きの反対は嫌いじゃないと思います。
好きの反対は「無関心」。
存在をほんの片隅に留めて置くことさえ、嫌なのです。
嫌いという感情を持つことさえ、面倒なのです。
だって単純に、それ以外の人は多すぎるから。
1人1人ならほんの片隅でも、きっとそれ以外の人全員だったら、大事な人を考えることなんかできなくなってしまいますね。
何でそれ以外の「どうでもいい」人に対する思考如きに邪魔されなきゃいけないんだ、って話になりますので。



代わりに、大事な人なら。
思い切り甘やかしてあげたいですね。
甘やかす事がいい事か悪い事かは、その人次第だと思いますが…。
…う~ん…。
甘やかす、だと語弊があるかもしれません。
受け入れて…受け止めてあげたい、かな?
受け入れるのは誰でもできますから。
うん、こっちの方が適切かもしれません。

私が「大事だ」って思える人は、多分、その人の良いトコとか悪いトコとか全部含めた状態でそう思っているから。
全部を知っているわけではありませんよ、もちろん。
全部知ろうと思っているわけでもありませんし。
干渉は、嫌いですから。
だからその人の一面が私には理解しきれないことでも、離れることはしないと思います。
そして、余程酷い裏切り方をされない限り、私はその人を「大事だ」と思い続けると思います。



私は、君の一面を見たからって離れたりはしないよ。
出来る限り、受け止めてみせようじゃないか。
それができなくても、せめて受け入れてあげる。
私は酷い奴だから、興味がない人に対しては無関心。
嫌いになってたら、受け入れられないなら、とっくに離れてる。
でも君の傍に居るのは、君が大好きだからなんだよ。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。