スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そうだ、アンタ達こういう人間だったな(笑 

そんな親から生まれた私は、必然的に、こういう人間です(どんなだ

昨日、ポルノのライヴに行ったわけですが。
ライヴ中は携帯の電源を切る!
勿論です!

で。
ライヴ後携帯の電源を入れたら、留守電1件、メール1件。
あれ?
自宅から電話?
しかも留守電まで入ってる?
何かあったのかな?
…とりあえず、留守電再生。
…。
…………。
何で無言なんだろ(^ω^;)
家にかけ直してみました。

『もしもし』
出たのは父親です。
「あ、もしもし?電話あったんだけど…どうかしたん?」
『あ~…』
「ん?」
『あのさ、着信音を音楽にするやつあるだろう?』
…着信音を音楽に…?
えっと…、着メロの話?
「あ、う、うん…(ちょっとパニック)」
『シルヴィーバルタンの』
「はいはい(うわぁお、マジで着メロの話だ/笑
『お前が前にくれた、○○(サイト名)?が去年末に閉鎖しててな…どこか取れるところないか?』
「えっと…あのさ…それ私に聞くの?私auなんだけど。DoCoMoのは分からんて(笑」(家族はみんなDoCoMoで、私1人だけauです。
『…』
「(妹)に聞いた方が早いんじゃない?」
『聞いたけど分からんとか言ってるんだよ』
『悪かったねー』(←妹の声
声ダダ漏れじゃねぇか!∑
『どっかないだ?』
「あ~…っと…う~ん…まぁ、1曲20円で取れるとこならあるけど…」
『20円か…』
「うん。もしくは月額で10曲100えn―『そんないらん』」
「…うん(何となくいっぱいいっぱい」
『じゃあそれでいいから送って』
「分かった。あ、ついでにお母さんに代わって」
『ん』

そこでの会話がまた…全部丸聞こえ(笑
『おい、代われって』
『は?』
『お前だよ』
『え、私!?』
『そう』
『え~、何?』
『知らん』
『…』
『携帯からかけてるみたいだから早く』
いや、別に無料通話が持ち越し出来ないくらい余ってるから全然構わんが。
『んも~ぅ…もしもし~』
「…もしもし」
声ダダ漏r―(略)
てか話しにくいっつーの!(爆
とりあえず、ハルに聞いた文転についてのことを伝えたかっただけなんですけどね。

いえ、この前蒼と居た時に母親から電話がありまして。
「もしもし?」
『今大丈夫?』
「…友達と居る、けど、一応(大丈夫)」
『あのね…、文転したいんだけど』
「…は?(゚д゚)ポカーン」
『(妹)が教職取るかもしれないからさぁ…何かすることとかってあるの?』
「えっと…それ、は…とりあえず先生に言いな?
私ずっと理系だっただろ。
聞かれても答えられないって(笑
『クラス替えとか、そういうのはない?』
「ああ、それはないね。文転した子たちみんなそのまま理系クラスに居たし。多分、自分補習とかとったりしてみんなより余分に勉強することになるんだと思う」
『あ~…』
「…まぁ、今度ハルに会うから聞いてみるわ」
『うん、分かった』
的な。



そして結局、着メロのサイトを父親に送ったわけですが。
URLを張り。
そこにEZってあったので、わざわざ「URLにEZってあるからDoCoMoじゃ無理かも知れん…××って探してみて」とまで書き加えて送ったのに。
返事がない。













…ん?
















あ。

アド変えたって教えてねーや(爆←マジに今気付いた


(ちなみにメールは友達からでした)

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。