スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ずっとずっと、逃げてたんだなぁ 

「彼女のような人になりたい」と、思いました。



他でもない、私が言うべきだったんです。
「それはおかしい」って。
「それは間違ってる」って。
私が、言わなきゃいけなかったんです。
だから、こんなことになっちゃったんです、きっと。

「私が正しい」と自惚れる気はありませんが、「それ」は、絶対間違ってるんです。
そんなことをするのは。
そんなことを望むのは。



「他人の評価なんかどうでもいい」と言いつつ、私自身が一番、「他人から嫌われること」を恐れていました。
「ウザい」と思われることが怖くて。
独りじゃ、生きていけないから。
だから、飲みこんでしまっていました。
「好きなようにさせる」ことが、正しいことじゃないです。
「おかしい」って、「間違ってる」って、誰かが言わなきゃ、気付けないことだってあるんです。

それを、ちゃんと言わなきゃ。
「私が」言わなきゃ。

陰で言ったって、何も解決しないです。
そんなことで、話題を独占するのは間違ってます。

それを言うことで、あなたとの関係が切れてしまうのならば…、それはそれで仕方がないことなのだと、諦めるしかないですかね。
私だって、あなたが嫌いだから言うわけじゃないですし。
「直してほしい」と思っているからです。
それで、付き合いが続けばいいと思っているからです。





今度あったら、言おう。
ずっと思ってたこと。
ちゃんと向き合って。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。